活動報告

平成29年度 第1回支部・青年会研修会報告

「特殊詐欺の最近の傾向と対策」をテーマに研修

4月18日(火)18時から本富士警察署3階講堂で「特殊詐欺の最近の傾向と対策、マンション等の使用例」をテーマに支部研修会が開催されました。当日は本富士警察署署長、区内4警察署、及び文京区危機管理課の各担当者にご出席いただき、また支部からは46名の会員の皆さまのご出席をいただきました。講師は警視庁捜査2課、本富士警察署生活安全課の特殊詐欺担当のお2人が担当され、約90分の有益な研修となりました。
昨今の特殊詐欺犯罪は巧妙化しており、アジトの摘発等、不動産業者からの情報は非常に重要とのことです。些細な情報でも気兼ねなく警察へご連絡いただきたいとのことで、出席の皆さまで名刺交換の場を持ち警察署との交流も深めていただきました。多発する特殊詐欺犯罪を水際で防止しするためにも、会員の皆さまのご協力をお願い申し上げます。
(研修委員長 渡辺武志)

第6回 文京区支部総会を開催

平成29年度事業計画・予算案などを承認

4月27日(木)午後5時から東京ドームホテル42階「オリオン」で文京区支部第6回支部総会が開催された。上程された報告事項1号から5号をすべて承認して閉会した。

総会は小能大介幹事長の司会のもと、物故者への黙祷、川辺浩二副支部長の開会の挨拶、新井浩二支部長の挨拶、平成28年度の新入会員の紹介で開会した。続いて議長に北地区2班の寺村光司氏(㈱寺村企画)を選任し、議長から定足数(会員総数227名、出席会員39名、委任状120名)の発表があり、議事録署名人に東地区3班・生川宝夫氏(㈱電話住宅相談所)、西地区4班・河野勝之氏(㈱プロマネイジ)を選任して議事に移った。
報告第1号「平成28年度事業報告書の件」、報告第2号「平成28年度収支決算書の件」が報告された後、東村昭平監査役が監査団を代表して監査報告を行い、両報告を満場一致で承認した。さらに報告第3号「平成29年度事業計画案の件」、報告第4号「平成29年度収支予算案の件」、報告第5 号「幹事選出の件」が報告され、すべて承認した。星龍彦副支部長の閉会の辞で終了後、支部主催第2回研修会が、渡辺武志研修委員長の進行で開催された。
その後、同じフロアーの「シリウス」に席を移して福田知治厚生担当委員長の司会で懇親パティーを開催、明かりの灯り始めた大手町方面のビル群を望みながら交友を深めた。今回は着席形式で行われ、好評だった。

mokutouaisatuhakushu kanpai  party

西地区会を開催─16名が参加し懇親を深める

ひな祭りを翌日に控えた平成29年3月2日(木)、16 名が出席し「庄や茗荷谷店」にて午後6時30分より西地区会が開催されました。地区長挨拶、後藤相談役による乾杯のご発声と続き新井支部長挨拶の後、開宴となりました。
このたびも区議会議員の佐藤豪一氏がゲストとして参加しました。佐藤議員からは我々に近い話として、「一定敷面積以上の土地は建築確認申請を提出する前に近隣住民との協議が必要との条例案が提出されていますが、建設委員会では否決されました。」との報告がありました。
約2時間歓談後20時30分閉会となりました。退席に当たり年に2回は地区会をといった声もありましたので、次回は暑気払いを検討致します。
(西地区長 河野勝之)

「文京区における空家等に関する特殊詐欺被害根絶及び利活用に関する協定書」調印式に出席

―文京区・区内4警察署と協定書を締結

平成29年2月2日(木)午後2時より文京区役所16階庁議室において「文京区における空家等に関する特殊詐欺被害根絶及び利活用に関する協定書」調印式が開催されました。
文京区支部から、新井支部長、小能幹事長が出席し、成澤文京区長、区内4警察署長及び全日東京都本部豊島文京支部長が出席し、区内の空き家等の利活用の促進及び空き家等を悪用した特殊詐欺被害の根絶を図るため協定書を締結しました。区長から「当区では管理不全な空家等が多数把握され、対策を行っているところですが、本日協定書を締結させていただき区内の安全安心なまちづくりを推進してゆきたいと思います」と挨拶がありました。
本件は、文京区支部から文京区へ関係機関との協定書の締結をご提案し実現したものです。文京区支部は今後この協定書を基に関係機関と協力し区内の安全安心なまちづくりを推進してゆきたいと思いますので会員の皆様のご協力をお願い致します。
(支部長 新井浩二)

文京区における空室等に関する特殊詐欺被害根絶
及び利活用に関する協定書の概要

〈主な内容〉
(1) 文京区及び文京区内四警察署は、特殊詐欺に関する情報を協会へ提供
(2) 協会及び協会員の不動産会社が特殊詐欺に関する情報を入手した場合は、速やかに警察等へ通報
(3) 協会は、協会員の不動産会社に対する啓発活動を推進
(4) 協会は、建物を特殊詐欺の用に供しない旨の確約書や解除条項(特約)を盛り込んだ契約書などの使用を協会員の不動産会社へ働き掛け

nagarezu

kyouteisho

 

第2回支部・青年会合同研修会

「本郷税務署から講師を招き『税務研修』を開催」

平成29 年1 月17 日( 火) 午後6 時より文京シビックセンター5階会議室で開催され、定員60名に対し51 名のご参加を頂きました。
今回は小能幹事長を通じ本郷税務署長よりのご依頼による税務研修会の開催となりました。第1部は署長自ら講師となり「パナマ文書・タックスヘイブン課税~税務に関するコーポレートガバナンス」をテーマに、第2部は統括国税調査官による「相続と相続税」をテーマに研修を行いました。税務署からの「講修中に随時質問を受ける形式で行いましょう」との提案が功を奏し、活気ある研修会を開催することができました。
今年度は支部として2回の研修会を開催し、多くの会員の皆さまのご参加を頂きました。来年度も皆さまの業務に役立つ実務的な研修内容を企画していきたいと思いますので、ご意見、ご提案等も宜しくお願い申し上げます。

( 研修委員長 渡辺武志)

平成28年度第1回支部・青年会合同研修会

「『ハトさんCLOUD』の利用方法をテーマに開催」

昨年11月8日(火)、支部・青年会合同による研修会を開催しました。テーマは新しくなったハトマーク不動産ポータルサイト(通称「ハトさん」)の物件入力システム「ハトさんCLOUD」の詳しい利用方法についてでした。合計約50名の方にご参加頂きましたが、具体的な利用画面を見ながらの研修は、とてもわかりやすく好評でした。 新しくなった仕組みの特徴としては「とにかく簡単」に物件入力ができることです。研修を受けてから早速使っていますが、基本的な物件情報がほぼ自動で登録され、写真データなども30枚までが一度に登録できる部分がとても使いやすかったです。またレインズなどへの連動も1日に数回行っており、物件条件の変更のレスポンスが良いのも好印象です。
また実際に使ってみて便利だと思ったのが、過去に登録されたデータも自動的にハトさんCLOUDのデータに取り込まれ、過去の物件データもすぐに使える部分でした。
物件のアピール文章も自動で作ってくれる機能も付いているので、時間が無い中での物件登録が非常に楽になりました。まだ導入を検討中の方にも一度でよいので是非触ってみることをお勧め致します。

(青年会研修委員長 徳山明)

平成29年 文京区支部新年会(東京ドームホテル「オーロラ」)

厚生委員会

来賓25名、会員他118名が参加し盛大に開催

2017年の新春を祝う宅建文京区支部の新年会が1月13 日(金)、東京ドームホテル「オーロラ」で開催されました。当日は、来賓25 名を含む会員他118 名が参加し、小能幹事長の司会のもと、福田厚生担当委員長の開会の挨拶で始まりました。
新井支部長の挨拶では、不動産業界の発展とよりよい住まいの提供を目指して、公益性のある無料不動産相談会の実施や文京すまいるプロジェクトへの協力など、地域社会に密着した事業を今後もしっかりと継続していくとお話がありました。ご来賓のご挨拶、そして社会貢献として社会福祉法人文京区社会福祉協議会へ10万円の寄付金を新井支部長より成澤文京区長へ手渡しました。
後藤顧問の乾杯の御発声でいよいよ盛大にスタートしました。司会は中村総務委員長にかわり、恒例のアトラクションでは妖艶な美女8名のベリーダンスが会場をさらに盛り上げ、最高潮を迎えました。その後の抽選会では、ご来会の 皆様全員に「食の文京ブランド100選」に選出されたお菓子をお渡ししました。アットホーム賞 の1等を当てた方の笑顔と文京100 選のお菓子を手にもつ皆様の嬉しそうな表情がとても印象的でした。
最後に川辺副支部長の閉会挨拶で幕を閉じました。

第38回文京菊まつりに千本咲を協賛

第38回文京菊まつりに千本咲を協賛

平成28年11月1日(火)から11月23日(水)まで、文京菊まつり実行委員会と文京区観光協会の主催で「文京花の五大まつり」の本年最後を飾る「第38回湯島天神菊まつり」が開催されました。
11月1日の祭典には新井支部長をはじめ寺村文京区観光協会副会長、井上財務委員長及び佐藤豪一区議会議員が参列され総勢150名の参列者で盛大に行われました。 文京区支部からは大作りと呼ばれる「千本咲」一基を協賛いたしました。千本咲とは、一株作りで中心の一輪より一段毎に六輪ずつ殖やして全体で一輪の花のように組み上げた大菊のことです。本殿横の参集殿前に当支部の札がかけられた巨大な千本咲が、立派に美しく花を咲かせていました(表紙写真参照)。
また、千駄木の団子坂発祥で都内では湯島天神でしか見られなくなった「菊人形」が、今年はNHK の大河ドラマ「真田丸」をテーマとして真田昌幸・真田信繁(幸村)・春など三体、千本咲同様の大作りである大懸崖・盆庭と古典菊の江戸菊・巴錦なども飾られ、その他、湯島小学校・窪町小学校・音羽中学校の生徒達が1 年間、丹誠込めて育てた菊も出展され、11月3日・5日・13日には菊花作品コンクール審査会、最終日の23日には表彰式が行われました。
約1ヶ月間の会期中、境内は約2,000株の鮮やかな菊とその香りで埋め尽くされ関東一と言われる菊まつりは来場者約30万人を迎え終了しました。
(菊まつり実行委員 小能大介)

%e8%8f%8a%e4%ba%ba%e5%bd%a2

第18回「根津・千駄木下町まつり」に今年も参加「不動産無料相談」「まちがい探し」でPR

消費者保護推進委員会

第18回「根津・千駄木下町まつり」に今年も参加「不動産無料相談」「まちがい探し」でPR

10月15日(土)・16日(日)の両日「根津・千駄木下町まつり」が行われ、文京区支部は昨年同様、会場の根津神社境内にテントブースを構え「不動産無料相談コーナー」と「まちがい探しコーナー」を併設してPR活動を行いました。
初日から好天に恵まれ、多くの子供たちが押し寄せブース内は常に満員状態でした。正解した子供たちにはおもちゃをプレゼントし、保護者の方やブース近くに来られた方に冊子「ハトマークの不動産無料相談に行ってみよう!」、ウエットティシュ(ハトマークロゴ入り)、ハトマーク保冷バッグ等を配布し、宅建文京区支部をアピールしました。
不動産相談は1件、土地を売却したときの税金について応じました。ご助力頂きました皆様に感謝いたします。
(消費者保護推進委員長 河野勝之)

出向された方
【15日(土)】新井支部長、小能幹事長、脇坂広報担当委員長、奈良部企画事業担当委員長、原総務副委員長、中青年会長、千田消費者保護推進委員、荒井消費者保護推進委員、長谷川消費者保護推進副委員長、河野消費者保護推進委員長

【16日(日)】椋野消費者保護推進協力委員、千田消費者保護推進委員、荒井消費者保護推進委員、河野消費者保護推進委員長

平成28年度 宅地建物取引士資格試験 20名が出向し運営に協力

平成28年度 宅地建物取引士資格試験 20名が出向し運営に協力

平成28年度の宅地建物取引士資格試験が10月16日(日)に行われました。今年は文京区支部が総括となり、千代田中央支部、台東区支部と合同で昭和第一高等学校の会場を担当しました。当支部からは新井支部長が「本部長」を務め、小能幹事長は「事務主任」、中村総務委員長は「事務補佐」、他に「本部員5名」、「監督員12名」の合計20名が出向し他支部と協力して円滑に試験実施事務を行うことができました。
試験監督員を務めていつも思うことですが、受験者の皆さんがこれまでの努力の成果を存分に発揮できるようにスムーズな試験の進行を常に心がけました。注意事項の読み上げや解答用紙と試験問題の配布などで手間取る事が無く試験開始を迎えられるよう細心の注意を払いました。また試験中には、トイレ利用の一時離席者の対応をし、のぞき見等の不正行為がないかしっかり監督しました。
昨今では、一見は普通の腕時計のような通信機能があるスマートウォッチなどのウエアラブル端末を使用した不正行為があるかもしれないと聞いておりましたが、そのような行為もなく無事に試験を終えて安堵しました。受験生の皆様、出向されました皆様、お疲れさまでございました。
(広報担当委員・鶴賀谷卓)