オピニオン

文京区の不動産相談にみる最近の傾向

宅建文京区支部が公益事業として取り組んでいる「不動産取引相談」のひとつ、文京区役所の要請に基づき支部から相談員を派遣している文京区役所広報課の「不動産相談」では、毎年度相談内容を集計しています。ここでは、平成18年度から平成24年度までの年度別相談内容の推移をご紹介します。
(消費者保護推進委員 三浦孝志)
賃貸・売買関係の相談が全体の半数を占める
文京区役所の相談は予約制で、法律相談、税務相談、不動産相談が開催され、不動産相談は毎週木曜日午後1時から4時までの3時間開催されます。文京区支部からは消費者保護推進委 員より毎回1名が相談員として出向し運営にあたり、文京区役所ではその相談内容を境界、賃貸、売買、登記、贈与・相続、借地、地代・家賃、明渡し、その他の9つの項目に分け内訳を集計しています。
平成18年度から24年度の比率を比較してみると、もっとも多く相談されたのが賃貸借関係で、次に売買の相談と続き、この2つの項目だけで、全体の50%を超える割合を占めています。また、平成20年のリーマンショックや民主党政権で景の低迷が明確になった平成22、23年度は売買の相談割合が増加しているのが分かります。
昨年の動向としては、登記や地境についての相談が上昇しており、借地権の相談が大きく減少しているのが分かります。
件数を比較してみると平成18年度と平成22年度の相談件数が200件を超えており、この平成18年と22年の共通の出来事といえば、経済状況を変化するような大きな出来事はありませんが、サッカーのワールドカップが開催されました。
全体に言えることは項目によって割合の増減はあるものの、過去7年間、大きく相談割合が
変わるということもなく、区民の悩みはほとんど変化していないことが分かります。

割合が一番多い賃貸借関係の中身については集計されていないとのことですが、我々相談員の感想をまとめると、家賃不払いの問題、入居者との感情的な問題、契約の解除についての相談が多い傾向にあるとのことです。
私たち不動産業者にとって関わりの深い賃貸借関係と売買契約の相談が圧倒的に多いというのは他人事ではなく、私達の業務が一般の方々にとって取引が多く、同時に不安要素の一つになっているということが考えられ、その意味からも私達に対する期待は大きく、責任も重大だと言えるでしょう。

====================================================================================================
支部事務所で毎日受付
消費者への認知度向上にご協力を
(消費者保護推進委員長 佐藤豪一)
平成25年の消費者保護推進委員会の公益社団法人としての活動は、支部事務所にて受け付ける、一般消費者を対象とした「無料不動産相談」が主力となります。
この「無料不動産相談」の認知度向上を目指し、一般消費者の皆様がお気軽にこの「無料不動産相談」のご活用いただけますように、既に皆様のお手元にお届けしました「無料不動産相談」の冊子を作成いたしました。店頭等での告知にご利用ください。この冊子は今後、文京区内のイベントに支部として参加し、消費者の皆様にお配りする予定です。
多くの消費者の皆様に認知いただき「無料不動産相談」をご活用いただきたいと思っております。結果、それが当業協会自体の認知度向上と地位向上へ繋がれば、なおすばらしいと考えております。
不動産相談の申し込み(予約)
平日(月~金)10:00 ~ 16:00
TEL:3818-1521(支部事務所)
相談日時はご相談のうえ、決めさせていただきます。

休校施設仮使用で考える 保育園の待機児童解消策

「タープ不動産情報の千葉でございます」
普段はこのような第一声で電話応対をしています。ほかにも物件情報のWEB登録、賃貸物件の間取り図作成など、事務仕事が私の仕事です。お客様と直接お会いする事はなく、どちらかというと裏方仕事なので、今回このようなところに文章を書くという大役をおおせつかってとても恐縮しています。
私がタープ不動産情報に勤めて、早いもので4年余りになります。子供が生まれてから半年で雇用していただいたので、タープ不動産情報の勤務暦が母親暦とほとんど一緒という本当にありがたい状況です。
勤め始めのころはハイハイも出来なかった子供が今では「ママ遅いよー」と駆けっこでは追いつけないぐらい早く走れるようになっています。途中で産休を頂き、今では、男の子2人の母親です。私の両親は大阪に住んでいて、主人の親はすでに他界、子供を預けられる親戚も近隣にはいない状況で勤務を続けていられるのは、何よりも会社の理解があったからで、とても感謝しています。
ところで、最近気になることがあります。当社は工場・倉庫・店舗・事務所といった事業用の物件を主に扱っているのですが、物件のお問い合わせに、保育園が多くなっているのです。1階で、2方向避難ができる所という条件は当然ですが、「庭は必要ない。近隣に公園があれば遊びに行けるから」というのがなんとも急場しのぎに保育園を作るようで大丈夫なのかなと、不安になります。

私事ですが、晴れた休日は必ず近所の公園にお弁当持参で遊びに行きます。子供たち2人、1人はまだようやく歩き始めたばかりですが、家の中にいるより、ただ広い場所で走ったり、動いたりするのが何よりも楽しみだからです。また、子供たちの通っている保育園は園庭が広いので、若干の花壇があり、そこで育てる野菜は収穫され子供たちのおやつになります(ど田舎だからと思われるかもしれませんからお断りしますが、隣の区です)。サヤインゲンやゴーヤー、オクラといった必ずしも子供が好きな野菜ではないのですが、育つ過程を楽しみにしていることもあって、残す子供はいなくて、野菜嫌い解消のきっかけになることもあります。
当社の近くにも庭のない保育園ができています。ビルとビルの間、車一台分の駐車場ぐらいのスペースで直径一メートルぐらいの入れ物を砂場にしたり、ビニールプールを2つ並べて水遊びしたりと工夫している、現場の保育士さんの熱意ある対応は頭が下がります。だだ、歩道をはさんだだけで交通量の多い幹線道路に面している場所は、自分の子供がここで遊ぶと考えたらちょっと眉をひそめてしまいます。全国の待機児童が25,384人でその大半が首都圏という現状、なおかつ不景気で税収入が減っているのでいかに安く、多くの児童を預かるかを考えるのは仕方のないことかも知れませんが急ぐあまり、環境などの配慮に欠くのは残念です。
一方で、小学校や中学校の統廃合が進んでいたり、存続している学校でも空き教室が目立ったりしているようです。今年、私の息子たちが通っている保育園は耐震補強工事を行うことになり、夏休みあけから、休校になった近くの中学校を利用することになっています。
不安を抱えた保護者たちへの説明によれば「いま通っている保育園から、専用の通園バスが出て仮校舎まで保育士さんが連れて行ってくれる。中学生用に大人のサイズで出来ているトイレや水まわりの設備は、特殊なアタッチメントを使って子供がラクに用を足すことが出来るように改造。また、夏の間の移転になることからプールは今ある設備を使用せず、組立て式の簡易プール(といっても6畳ぐらいの大きさがあって大人の膝ぐらいまでの深さが出せるようです。)を利用。その他、中学生の調理場ではサイズが大きすぎるので、小さなキッチンを仮設置」などなど、区役所のほうで事細かに気をくばって、仮移転をバックアップしてくださるようです。2ヶ月ほどの間ですが、150名ほどの児童を収容する保育園になるのです、そのまま継続して利用をしていけば待機児童の問題も解消するのにと思います。また、ここをそのまま利用するのは地域の関係で難しいとしても、大人用の設備を保育園に転用するノウハウがあるのですから、もう少し環境の整った場所に保育園を増設して欲しい。もったいないなぁと思ってしまいます。
きっと行政の融通の利かない体質のせいだと言ってしまいたいのですが、自分も不動産の流通に末端ながらかかわる身。物件を凝り固まった用途で考えるのではなく、少しだけ考え方を変えると環境の整った良い物件、気づかれにくい良物件など、もったいない物件を出さないように、微力ながら努めていきたいと思います。

南西地区 株式会社タープ不動産情報
東京都文京区小石川2-14-7
TEL.03-5803-9292 FAX.03-5803-9293
http://www.tarp.co.jp